修理・メンテナンス事例

ディスポーザー・メンテナンスがてがけてきたトラブルシュート事例をご紹介します。

ディスポーザー修理・交換・メンテナンスについて

ディスポーザーは、短命のもので3年、耐久性の高いもので15年以上は仕様できます。
しかし経年劣化による重大事故発生の恐れがある為、15年以上経過しておりますディスポーザーの修理はお勧めしておりません。
ディスポーザー.comのディスポーザーは全て正規品、耐久性が高いものを選別して掲載しております。
もちろん各種保障期間付き。
更に、購入後1か月以内でしたら返品を可能でございます。
(返品には条件が御座います。詳細は「安心の理由」をご覧ください。御不明な点はお電話フォームにて承り中)
更に更に、ただ今、標準部材セット(9,800円分)をプレゼント中。
このお得な機会に、ディスポーザー取替えをご検討されるのはいかがでしょうか。
商品詳細はこちら>>>>

ディスポーザー修理・交換・メンテナンスについて

ディスポーザーは、短命のもので3年、耐久性の高いもので15年以上は仕様できます。
しかし経年劣化による重大事故発生の恐れがある為、15年以上経過しておりますディスポーザーの修理はお勧めしておりません。
ディスポーザー.comのディスポーザーは全て正規品、耐久性が高いものを選別して掲載しております。
もちろん各種保障期間付き。
更に、購入後1か月以内でしたら返品を可能でございます。
(返品には条件が御座います。詳細は「安心の理由」をご覧ください。御不明な点はお電話フォームにて承り中)
更に更に、ただ今、標準部材セット(9,800円分)をプレゼント中。
このお得な機会に、ディスポーザー取替えをご検討されるのはいかがでしょうか。
商品詳細はこちら>>>>

噛み込み事例

ケース1:1円玉の噛み込み

ディスポーザー修理例

この事例は「ディスポーザーがまるで動かない壊れた。」という依頼ですが、現地で調査すると1円玉が処理室内部ターンテーブル(回転盤)へガッチリ噛み込んでいました。
左の写真を確認ください。1円玉と回転盤が同色で見分けがつかないようでした。
1円玉の半分が入り込んでいる為に、力任せに取ると回転盤の中心軸がぶれてしまいます。
一度ディスポーザー本体を取り外しの上、時間をかけて1円玉を取り除きました。
通常はコインが入り込んでも回転盤に挟まると言う事はありませんがとてもレアなケースです。

お電話はこちら0120-938-753

ケース2:たこ糸の噛み込み

ディスポーザー修理例

この事例はチャーシューのたこ糸がスイングハンマーに巻きついたという事例です。
製品はAMC社のディスポーザー。回転盤やハンマーに多くたこ糸が巻きついて動かなくなりました。
間違ってたこ糸が入り込んだのではなく流れるか試してみたそうです。(決して真似をしないでください。。。)

力任せで無理に引っ張るとハンマーのリベット軸に圧力がかかる為にディスポーザー本体を一度取外し丁寧に1本1本たこ糸をカット、及び除去していきました。
*AMC社(アナハイム・マニュファクチャリング社)は2008年6月より製造ラインを米国から中国に移してからスイングハンマーに異物の絡み込み発生報告が増加傾向にあります。
通常はこのようなケースは非常にレアなケースです。

お電話はこちら0120-938-753

ケース3:缶蓋の噛み込み

ディスポーザー修理例

ハンマーと壁面の間に缶蓋の噛み込んでます。
築3年の標準装備マンション管理組合からの依頼です。ハンマーの下に缶の蓋が噛み込んで動かないと復旧依頼。テラル社製造のディスポーザーです。
ディスポーザーをキッチンから取り外した上でハンマーの軸に圧力をかけないよう上手く缶蓋を除去しました。
缶蓋の除去そのものよりディスポーザーに基盤の接続が多くあり、取外し取付けなど他の作業に時間や労力を奪われました。。。
通常40分程度で終わる作業が2時間程度かかった案件です。

*缶蓋のような異物がハンマー下部に噛み込むのはレアなケースです。

お電話はこちら0120-938-753

ケース4:フォークの噛み込み

ディスポーザー修理例

この事例は「ディスポーザーにフォークが噛み込んだ」という依頼です。
現地で調査すると「シンクマスター」にフォークの柄が処理室内部ターンテーブル(回転盤)へすっぽり噛み込んでいました。
この場合は中心軸を傷めるといけませんので一度ディスポーザー本体を取り外しの上、時間をかけて取り除きました。
シンクマスターは古いモデルですがこのような事例は滅多にありません。
12,600円、60分程度で終了です。

お電話はこちら0120-938-753

ケース5:スプーン噛み込み

ディスポーザー修理例

この事例は「スプーンが入って取れない」という依頼ですが、現地で調査するとスプーンが処理室内部ターンテーブル(回転盤)へガッチリ噛み込んでいました。バッチ式(蓋スイッチ式)なのですがスプーンが入り、後で取り除こうと思ったまま忘れてしまい、そのままディスポーザーを使用してガッチリ噛み込んだそうです。ここまでガッチリ噛み込むとディスポーザー本体を一旦取り外しての作業になります。

ディスポーザー修理例

こんなにスプーンは曲がってしまいましたがディスポーザーはまだまだ元気です。

お電話はこちら0120-938-753

ケース6:タコ糸の噛み込み

ディスポーザー修理例

かなりの異音がするとお客様からメンテナンス依頼がありました。
使用機種はウエストキング3300でした。
当社の前に電話にて交換を他の業者さんに進められたようですが、解決に至らずご相談を頂きました。
お伺いしてみるとディスポーザー内部に生ゴミが溜まっていて内部のタコ糸が絡んでいるのを確認できないでいたようです。
このケースはタコ糸を切断し、取り除いてメンテナンス終了でお客様も費用が安くすんで満足されたケースです。

お電話はこちら0120-938-753

ケース7:ディスポーザーの蓋が外れない

ディスポーザー修理例

安永ディスポーザーの蓋が取れなくなったので見て欲しいという依頼です。
安永ディスポーザーは蓋がスイッチになっているバッチ式で、蓋がディスポーザーから取れなくなるという依頼を時折受けます。原因はフォークやスプーンが処理室内部に入り込んでいるのに気づかずに蓋をしてスイッチを起動したことによります。
無理をしない程度に強制的に蓋に力を加えて外すこともありますが、今回はガッチリ入り込んでいるようですので分解して除去しました。
安永ディスポーザーにたまに見られるトラブルです。
力を加えすぎないようにして自分で解除できる場合もありますのでチャレンジしてみてください。

お電話はこちら0120-938-753
お問い合わせ総合受付


トップ