スパナアイコン 修理・メンテナンス事例

ディスポーザー.comがてがけてきた
トラブルシュート事例をご紹介します。

▶ 内部腐食事例

内部腐食 ①

ディスポーザー修理例

ディスポーザーの内部腐食です。腐食と汚れが発生しています。
生ごみ粉砕後に、30秒ほど「すすぎ」の時間を設けると、水勢によってディスポーザーの粉砕ルームを洗浄することが出来ます。
耐久性にダメージを与える原因としては下記があげられます。
 ・処理室内部に生ゴミを溜め置きしてディスポーザーを三角コーナー代わりに使用している。
 ・生ゴミを処理した後、後水処理でディスポーザーの「すすぎ」を行っていない。
 ・科学薬品等を流し、放置している。
ディスポーザーは説明書をよく読み、正しい使い方をしてください。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

内部腐食 ②

ディスポーザー修理例

ディスポーザー標準装備マンションでの漏水事例です。
本体とシンクフランジ部分を接続するゴムのクッション素材から劣化が始まり、内部が腐食しています。水漏れにより、外部の周辺塗装も剥げてきています。
5年程度の使用ですがこの製品は寿命です。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753
お問い合わせ総合受付


トップ