修理・メンテナンス事例

ディスポーザー・メンテナンスがてがけてきたトラブルシュート事例をご紹介します。

ディスポーザー修理・交換・メンテナンスについて

ディスポーザーは、短命のもので3年、耐久性の高いもので15年以上は仕様できます。
しかし経年劣化による重大事故発生の恐れがある為、15年以上経過しておりますディスポーザーの修理はお勧めしておりません。
ディスポーザー.comのディスポーザーは全て正規品、耐久性が高いものを選別して掲載しております。
もちろん各種保障期間付き。
更に、購入後1か月以内でしたら返品を可能でございます。
(返品には条件が御座います。詳細は「安心の理由」をご覧ください。御不明な点はお電話フォームにて承り中)
更に更に、ただ今、標準部材セット(9,800円分)をプレゼント中。
このお得な機会に、ディスポーザー取替えをご検討されるのはいかがでしょうか。
商品詳細はこちら>>>>

ディスポーザー修理・交換・メンテナンスについて

ディスポーザーは、短命のもので3年、耐久性の高いもので15年以上は仕様できます。
しかし経年劣化による重大事故発生の恐れがある為、15年以上経過しておりますディスポーザーの修理はお勧めしておりません。
ディスポーザー.comのディスポーザーは全て正規品、耐久性が高いものを選別して掲載しております。
もちろん各種保障期間付き。
更に、購入後1か月以内でしたら返品を可能でございます。
(返品には条件が御座います。詳細は「安心の理由」をご覧ください。御不明な点はお電話フォームにて承り中)
更に更に、ただ今、標準部材セット(9,800円分)をプレゼント中。
このお得な機会に、ディスポーザー取替えをご検討されるのはいかがでしょうか。
商品詳細はこちら>>>>

故障・トラブル

並行輸入品~ケース1~

ディスポーザー修理例

ディスポーザーが2年しか使用していないのに動かなくなったので至急、見てほしという依頼です。訪問してみると日本では販売されていないエマソン社ISEディスポーザー「エボリューション・コンパクト」でした。
症状としては回転盤に何か異物が挟まってしまい、動作しようとしてもウーンと唸りながら過負荷で動かず、安全装置が働くという現象です。しかしながら異物は見当たりません。底部差込穴から専用サービスレンチで回転盤を回してみると、かなりの力を入れてようやく回すことができました。特に回転盤とグラインドリングの接触もありませんでした。
原因は異電圧、異周波数での使用です。2年しか使用してないということですが、この製品は残念ながら廃棄するしかありません。お客様は同じISEの正規品を希望し「モデルAC105」への交換を希望されました。

お電話はこちら0120-938-753

部品破損~ケース1~

ディスポーザー修理例

ディスポーザーから水が大量に漏れてるので至急着てほしいという依頼です。
インターネット通販で購入して使用1年未満と言う事ですが夜で購入先と連絡がつかずディスポーザー・メンテナンスに依頼がきました。
ディスポーザーはアナハイム社の「シンクマスター」です。
調査すると原因は排出エルボーが横にすっぱり折れていました。
排出エルボーを交換し多少、配管との接続を手直しして終了です。
排出エルボーがこのように折れるというのははじめてです。
写真Bの印をみてください。
正常な排出エルボーと見比べたところ成型の段階でできる「ツメ」を起点に折れていました。
設置方法もエルボーにそんなに負担がかかる取り付けではないために原因は不明です。
2008年よりアナハイム社は生産工場を移しているので製造工程や材質変更に原因があるのかもしれません。

お電話はこちら0120-938-753

排水配管組み直し~ケース1~

ディスポーザー修理例

流れが良くないような気がするので見て欲しいという依頼です。
AMC-エコノミーモデルが設置されていました。
38排水ホースの配管接続付近が急カーブになっています。V字カーブはよくありません。
また、38排水ホースが長く邪魔な為に38排水配管のみで設置し直しました。

Before、Afterを比べてください。非常にきれいな仕上がりになりました。
今回の排水の流れが良くないというのは気のせいのようでした。

お電話はこちら0120-938-753

排水配管組み直し~ケース2~

ディスポーザー修理例

かなり大型の高級キッチンでWシンクです。
オールステンレスで業務用途に利用できる大きさです。
「Before」を確認ください。左シンクの排水栓から比較的に長めの距離をホースでひっぱり、右シンクのディスポーザーからのホースと接続しています。
ホースは一般用の細いホースを使用しており、詰まりの原因になります。
またSトラップを使用していない為に臭気や害虫の要因になります。
依頼主は蛇腹ホースがあまり見栄えが良くないので、配管での接続の依頼を受けました。

「After」を確認ください。
40φの配管で組合わせ蛇腹ホースを使用せずに立上げ配管まで接続。
ディスポーザー用38φSトラップを使用し(ディスポーザーの真裏に位置しているために写真では見えません)排水配管と分岐接続しました。
ディスポーザー右脇の蛇腹ホースは食洗機の排水ホースです。

お電話はこちら0120-938-753

排水配管組み直し~ケース3~

このケースは標準装備マンションを中古で購入してのキッチン入れ替えリフォームです。
どうせなら配管を隠して設置してほしいという依頼です。
標準装備マンションは適合評価を所得したモデルでないと設置・交換できません。
その中でも一番性能がいいモデル(InSinkEretorモデルAC-105)をお客様は取り寄せていました。
パナソニックよりも価格は3割ほど安かったとのことです。
設置の依頼は配管がむき出さないように隠してきれいに設置してほしいとの依頼です。
ディスポーザー排水配管組み直し~ケース3~
まず管径の狭い配管の穴をディスポーザ用の口径に調整します。

ディスポーザー排水配管組み直し~ケース3~
広げた穴の直下にくるように配管を組み込み配管洗浄に対応しているSトラップを接続します。

ディスポーザー排水配管組み直し~ケース3~
このように配管も見えずきれいに仕上がりオーナーも満足です。設置の総所要時間は約2時間です。
ISE製品(日本向け開発品)は高さが短く日本のキッチンでもスペースが広く取れますね。

お電話はこちら0120-938-753

排水配管組み直し~ケース4~

ディスポーザー修理例

このケースは4,5年前に設置したディスポーザー「ECOPOWER」が本体から水漏れしているので見てほしいと言う依頼です。
訪問してみると壁から出た配水管にホースを差し込んであり、シーリングで防水しているようですがこの部分が劣化して水漏れが発生しています。
ディスポーザーの直下で接続している為にディスポーザー本体からの水漏れと勘違いしたようです。
ディスポーザーの取扱経験が浅い業者が設置をおこなったようです。
ディスポーザー用の排水ホースを使用しておらずトラップの取り方も管路が長い為に詰まりの原因になる設置方法です。

ディスポーザー修理例

新たに排水管を組みSトラップを使用して接続。
今まで飛び出ていた排水ホースも無くなりスペースが有効利用できると依頼者した奥さんは大喜びです。

お電話はこちら0120-938-753

排水配管組み直し~ケース5~

ディスポーザー修理例

AMCディスポーザーを15年程度使用しており、「最近下水臭くなってきた」「排水が悪い」という依頼がありました。
Beforeの写真をご覧ください。
1990年代、Sトラップはまだ高価な輸入品であまり流通しておらず、その為か排水ホースをたるませてトラップを作っているという感じでした。
しかしトラップが規定通りにとれていない為に臭いの原因になってます。
また、収納により排水ホースが干渉されてしまいます。
使用中のディスポーザーは15年間1度もトラブルもないとのことですが、これは特別トルク、排水性能の高いディスポーザーだった為にノントラブルでこれたのだと思います。
結果として排水ホースも交換するのならディスポーザーも古いのでこの機会にAMC-エコノミーモデルに交換依頼に変えるという結果になりました。

Sトラップ+ディスポーザー用38排水ホース>を新たに使用した為に交換前に比べて鍋の置くスペースも邪魔せず、交換されています。
ディスポーザーの上部右側からでている蛇腹ホースはオーバーフローの接続です。

*オーバーフローとはシンクに水を溜めても溢れないようにシンク上部に小さな排出口を設けているものです。
*長年の間に壁面に染み込んだ臭気はすぐには消えませんが、ダイレクトに上がってくる下水臭は無くなります。

お電話はこちら0120-938-753

排水配管組み直し~ケース6~

ディスポーザー修理例

この例は「臭いが上がるので見てほしい」という依頼です。インターネット通販で購入、取付けしたようです。
トラップが直線にのびておりこの施工では詰りやすくなります。(このユーザーは一度も詰りは無かったようです)ディスポーザーの真後ろに配水管がポジションされています。
ホースは使用せず配水管とSトラップで施工し終了です。Sトラップは集合住宅での使用ですので配管洗浄口付きのSトラップで対応しました。
収入内もこのようにすっきりして臭いも無くなりユーザーは大満足です。

お電話はこちら0120-938-753

配線不良

「インターネットでAMC社ディスポーザを購入し、取付を自分で行ったところ、1ヶ月で動かなくなった。」
「段々動きが弱くなり、しまいには反応しなくなった。本体を叩くと少しだけ反応する。」
購入した会社は「ディスポーザー本体を販売するだけ」との理由でディスポーザー・メンテナンスに不良品かどうか見て欲しいという依頼でした。
サービスマンが本体及びに配線をチェック。原因を探ると少し焦げ臭い臭いで差込みプラグがショートしていました。
ディスポーザー修理例

Y端子を使用してない為に発生した事例です。
配線組み換えで終了。ちょっと危険ですね。
接続は電工ペンチでY端子をしっかり接続しましょう。

お電話はこちら0120-938-753

Sトラップ及びに配管洗浄口取付

ディスポーザー修理例

Beforeの写真を見てください。
ディスポーザーの排出エルボから一般排水ホースを曲げてトラップを作り、排水配管に接続しています。
交換後は排出エルボ(ディスポーザーに隠れて見えません)からSトラップ、Sトラップ接続ジョイントを経て洗浄口を設けました。
一般排水ホースの口径(内径30mm)はディスポーザーの排水エルボの口径(この機種の内径は34mm)より狭い為に渋滞が起きやすくなります。
見た目もすっきりきれいに納まり排水も収納もスムーズになります。

お電話はこちら0120-938-753

シンクフランジ破損

ディスポーザー修理例

これはシンクフランジにフォークが突き刺さり、穴が開いたので直して欲しいという依頼です。
このような事例は非常にレアなケースです。シンクフランジを交換して終了です。

お電話はこちら0120-938-753
お問い合わせ総合受付


トップ