スパナアイコン 修理・メンテナンス事例

ディスポーザー.comがてがけてきた
トラブルシュート事例をご紹介します。

▶ 水漏れ事例1 本体からの漏水

本体からの漏水 ①

ディスポーザー修理例

ディスポーザーから水漏れがしてきたので至急対応してほしいとのご依頼です。
インターネット通販で買換え品を購入し、交換工事は通販会社からの勧めで、ご自身で行ったそうです。 最初は台所との接触部分のシンクフランジと、本体の間から微量の水漏れと汚れ(写真左)が気になり購入先に連絡した所、締め付けをしっかりするようにと説明を受けたそうです。その後、急激に水漏れが多くなった為、ディスポーザー.comに依頼されたとのこと。 現地で調査してみると、「ウエストキング2600」のクッションマウントゴムが断裂していました。使用期間は2年程度ということなので、おそらく不良品です。 購入先にご報告されたそうですが、電話のやり取りでうまく理解してもらえず、設置ミスが原因と言う事になり保証は受けられなかったそうです。問題のクッションマウントを交換し、排水ホース等の接続の手直しをして作業完了です。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

本体からの漏水 ②

ディスポーザー修理例

ディスポーザーから水漏れがしてきたので本体を交換して欲しいとのご依頼です。
現地調査の結果、ゴムパッキンが経年劣化していることが漏水の原因でした。マウントリング(写真右:赤丸の部分)が漏水で変色していました。 動作確認をしたところ、その他の部品には特に異常が無かった為、ゴムパッキンのみ新品に交換して終了です。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

本体からの漏水 ③

ディスポーザー修理例

水が漏れ腐食が始まっています。使用期間は6年程度で、原因は経年劣化です。
水漏れ自体は内部のゴムパッキンを交換すれば修理完了ですが、同時に3箇所水漏れが確認された為、他製品に交換することをお客様は選択されました。

本体からの漏水 ④

ディスポーザー修理例

ディスポーザ全戸標準装備マンションの組合からのご依頼です。
ディスポーザが動かず、ハウジングから水漏れ及び漏電していました。 通常、ハウジングからの水漏れの場合はゴムパッキンを交換すれば修理完了ですが、ハウジングのネジで締め付けている箇所が破損し、漏水が基盤にまで達していた為、本体交換となりました。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

本体からの漏水 ⑤

ディスポーザー修理例

ディスポーザーから水漏れしているので至急修理して欲しいというご依頼です。使用期間10年程度のゼネラルラックス「シンクマスター950」でした。

ディスポーザー修理例

水漏れ箇所を特定するためにパーツをひとつひとつ分解し確認していくと、シンクフランジのネジの切れ目に沿って亀裂が走っていました。亀裂が発生した原因は不明です。水漏れについてはシンクフランジを交換して修理完了です。

ディスポーザー修理例

更に点検を続けると、配管への接続に細い口径の排水ホースを使用し、急カーブを作っていることが分かりました。
ホースを曲げて作ったトラップは邪魔になるだけでなく詰まりの大きな原因になります。Sトラップを使用し、配管を組み直して終了です。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

本体からの漏水 ⑥

ディスポーザー修理例

ディスポーザーが水漏れしているので見て欲しいとのご依頼です。
ネットでご購入し、設置からあまり期間は経っていないとのことでしたが、調査するとハウジングの締め付け2箇所から水漏れが確認されました。1箇所は亀裂が入っており、もう1箇所は締め付けが緩んでいました。 不良品かつ、Sトラップが設備されていなかった為、Sトラップ付ディスポーザーに交換して終了です。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

本体からの漏水 ⑦

ディスポーザー修理例

ディスポーザーを12,3年使用しているが、水漏れしているので至急見に来て欲しいとのご依頼です。
説明書を確認すると、エイジング・ディスポーザーとなっていました。 製品を取外し調査すると、シンクと本体とを接続して振動や水漏れを防止する「クッションマウント」がスポンジ状になっていることが、漏水の原因でした。 クッションマウントを交換すれば修理可能ですが、本体が耐用年数を越えており、パーツの入手にも時間がかかる為、新しい製品に交換いたしました。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

本体からの漏水 ⑧

ディスポーザー修理例

処理室と本体(モーター部位)の接続箇所からの水漏れです。腐食がかなり進行していた為、新しい製品に交換しました。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

本体からの漏水 ⑨

ディスポーザー修理例

長年の使用で、サポートリングが緩んだことによる漏水です。
こちらのタイプのサポートリングの締付け具合は、緩くても、逆に強すぎても良くありません。マイナスドライバーを利用して締め付けると、このような結果になる場合がありますので、引掛けスパナを利用した方が安全です。また、ガスケット類が使用されてなかったのも緩みの原因のひとつです。一度取り外し、フランジ部をクリーニングしパッキン類を新品に交換して終了です。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

本体からの漏水 ⑩

ディスポーザー修理例

ディスポーザーから水漏れがしてきたので本体を交換して欲しいとのご依頼です。
パナソニック製のディスポーザーで、調査するとゴムパッキンの劣化が原因でした。専用パッキンを交換し終了です。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

本体からの漏水 ⑪

ディスポーザー修理例

ディスポーザーから水漏れがしてきたので見てほしいとのご依頼です。依頼先はディスポーザーが全戸に設置されているマンションです。
分解調査の結果、シンクフランジの小さな亀裂が原因でした。 シンクフランジを交換すれば修理完了ですが、年数も経過しており、深夜も使用できるよう静かなディスポーザーを使用したいということで、新製品(AC105)への交換をユーザーは選択しました。

ディスポーザー修理例
無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

本体からの漏水 ⑪

ディスポーザー修理例

ディスポーザーから水漏れがしているので至急来て欲しいとのご依頼です。
現地で調査すると、ロックナットから水が漏れていました。こちらはゴムッパキンの交換で修繕可能です。 点検を続けると、シンクフランジからも漏水していることが分かりました。一度外して調査するとシンクフランジは完全に割れていました。

ディスポーザー修理例

完全に故障するまでお金はあまりかけたくないとのことでしたので、破損箇所とその破片をパズルのようにピッタリ組み合わせ、ボンドとシール材で漏水を止めて補強を施しました。

ディスポーザー修理例

あくまでもお客様のご要望での応急的な処置ですが、当面は心配ないかと思われます。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

本体からの漏水 ⑬

ディスポーザー修理例

インターネット販売で「シンクマスター950」本体のみを購入されていたお客様から、水漏れしているとのご連絡がありました。
点検依頼でお伺いしましたが、クッションマウントの取り付けミスで生じた水漏れでした。 使用期間は3年未満で、本体はまだ使用可能な状態でしたので、フランジのみ交換を提案しましたが、お客様が買換えを希望され本体交換となりました。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753

本体からの漏水 ⑭

ディスポーザー修理例

本体から下部より微量の水漏れがしてきたので様子を見て欲しいとのご依頼です。
分解してみると基盤等には問題ありませんでしたが、本体に腐食が原因による穴が確認され、こちらから水漏れが発生していました。 安全性から言えば本体を買換交換する必要がありますが、穴も小さくお客様のご要望もありましたので、防水処置をして終了となりました。

無料相談・修理依頼 ▶ 0120-938-753
お問い合わせ総合受付


トップ