修理・メンテナンス事例

ディスポーザー・メンテナンスがてがけてきたトラブルシュート事例をご紹介します。

ディスポーザー.comのディスポーザーについて

ディスポーザーは、短命のもので3年、耐久性の高いもので15年以上は仕様できます。
しかし経年劣化による重大事故発生の恐れがある為、15年以上経過しておりますディスポーザーの修理はお勧めしておりません。
ディスポーザー.comのディスポーザーは全て正規品、耐久性が高いものを選別して掲載しております。
もちろん各種保障期間付き。
更に、購入後1か月以内でしたら返品を可能でございます。
(返品には条件が御座います。詳細は「安心の理由」をご覧ください。御不明な点はお電話フォームにて承り中)
更に更に、ただ今、標準部材セット(9,800円分)をプレゼント中。
このお得な機会に、ディスポーザー取替えをご検討されるのはいかがでしょうか。
⇒商品詳細はこちら

ディスポーザー.comのディスポーザーについて

ディスポーザーは、短命のもので3年、耐久性の高いもので15年以上は仕様できます。
しかし経年劣化による重大事故発生の恐れがある為、15年以上経過しておりますディスポーザーの修理はお勧めしておりません。
ディスポーザー.comのディスポーザーは全て正規品、耐久性が高いものを選別して掲載しております。
もちろん各種保障期間付き。
更に、購入後1か月以内でしたら返品を可能でございます。
(返品には条件が御座います。詳細は「安心の理由」をご覧ください。御不明な点はお電話フォームにて承り中)
更に更に、ただ今、標準部材セット(9,800円分)をプレゼント中。
このお得な機会に、ディスポーザー取替えをご検討されるのはいかがでしょうか。
⇒商品詳細はこちら

水漏れ事例~本体~

ケース1

ディスポーザー修理例

ディスポーザーから水漏れがしてきたので至急対応してほしいとの依頼です。 インターネット通販で買換え購入。取替えは通販会社の勧めで自分で行ったそうです。 最初は台所との接触部分のシンクフランジと本体の間(写真左)から微量の水漏れと汚れが確認。 購入先に連絡したら締め付けがしっかりするように説明を受けたそうです。 その後、急激に水漏れが多くなりディスポーザー.comに依頼。

現地で調査してみると「ウエストキング2600」のクッションマウントゴムが断裂していました。 使用2年程度ということですが不良品です。 ユーザーは購入先との電話のやり取りでうまく理解してもらえず設置ミスが原因と言う事になり保証は受けられませんでした。
実際にこの箇所の断裂は聞いたことはありませんが原因は製品不良です。

このクッションマウントを交換し、排水ホース等の接続の手直しをして終了です。

お電話はこちら0120-938-753

ケース2

ディスポーザー修理例

ディスポーザーから水漏れがしてきたので本体を交換して欲しいとの依頼です。
現地で調査してみるとマウントリング(写真赤丸の部分)が漏水で変色していました。

現地調査の結果、ゴムパッキンが経年劣化しており、これが原因での水漏れです。
まだこのディスポーザーは数年使用できるディスポーザーでクランプテスト、動作確認カーボン等は異常ありませんでした。
ゴムパッキンのみ新品に交換して終了です。

お電話はこちら0120-938-753

ケース3

ディスポーザー修理例

水が漏れ腐食が始まっています。
使用6年程度ですがこの機種は寿命です。
水漏れ自体は内部のゴムパッキンを交換すれば修理完了ですが、同時に3箇所水漏れが確認された為に他製品に交換することをユーザーは選択しました。

お電話はこちら0120-938-753

ケース4

ディスポーザー修理例

このケースはディスポーザ全戸標準装備マンションの組合からの依頼です。
ディスポーザが動かず、ハウジングから水漏れ及び漏電していました。
通常、ハウジングからの水漏れの場合はゴムパッキンを交換すれば修理完了ですが、ハウジングのネジで締め付けている箇所が破損しているのがわかります。
このディスポーザの漏水の軌道が基盤に達しているのがわかります。
現在は標準装備マンション用(適合評価所得モデル)のモデルが6万円台で交換できる為に全箇所を修理するよりもユーザーは別メーカーとの製品交換を希望しました。

お電話はこちら0120-938-753

ケース5

ディスポーザー修理例

このケースはディスポーザーから水漏れしているので至急修理して欲しいという依頼です。使用10年程度のゼネラルラックス「シンクマスター950」でした。

ディスポーザー修理例

水漏れ箇所を特定するためにパーツをひとつひとつ分解し確認していくとシンクフランジのネジの切れ目に沿って亀裂が走っていました。写真ではわかりずらいと思います。この亀裂が発生した原因は不明です。水漏れについてはこのシンクフランジ部を交換して終了です。
ディスポーザー修理例

また設置方法を点検すると配管への接続が細い口径の排水ホースを使用し急カーブを作っています。
ホースを曲げて作ったトラップは邪魔になるだけでなく詰まりの大きな原因になります。
アフターを見てください。Sトラップセットを使用してきれいに配管を組み直して終了です。

お電話はこちら0120-938-753

ケース6

ディスポーザー修理例

このケースはディスポーザーが水漏れしているので見て欲しいとの依頼です。
現地にいくとアナハイム社の「ウエストキング」ディスポーザーでした。調査するとハウジングの締め付け2箇所から水漏れが確認されました。1箇所は亀裂が入っており、もう1箇所は締め付けが緩んでるようです。まだ購入後数年でどちらかといえば「ハズレ」の製品を引いたようです。
この製品は修理するより買い換えても安く流通しており、またSトラップも設備されてないため(写真左参照)に臭いも止めて欲しいとの理由でSトラップ付の買い換えを選択しました。

お電話はこちら0120-938-753

ケース7:クッションマウント劣化

ディスポーザー修理例

このケースはディスポーザーを12,3年使用しているが水漏れしているので至急見に来て欲しいとの依頼です。説明書をみるとエイジング・ディスポーザーとなっていました。
製品を取外し調査するとシンクと本体とを接続して振動や水漏れを防止する「クッションマウント」がスポンジ状になっておりこれが原因での水漏れ発生です。
クッションマウントを交換すれば直りますがパーツの入手に時間がかかることと年数が古いのでどうせなら新しい製品を希望されました

お電話はこちら0120-938-753

ケース8

ディスポーザー修理例

これは処理室と本体(モーター部位)の接続箇所からの水漏れです。
腐食がかなり進んでるのでさすがに修理はききません。
厳密に言えば製造工場に持ち込めば不可能ではありませんが交換したほうが安上がりです。
このディスポーザーは寿命です。

お電話はこちら0120-938-753

ケース9

ディスポーザー修理例

これは長年の使用でサポートリングが緩んでの水漏れです。
緩んだ原因は経年でサポートリングが緩んできた事が原因です。
このタイプのサポートリングの締付け具合は緩くてもよくありませんが、逆に強すぎても良くありません。
マイナスドライバーを利用し金槌でサポートリングを叩いて締め付けると打点が一箇所に集中しこのような結果になる場合もありますので引掛けスパナを利用して締め付けのるのが安全です。
また緩みを防止するガスケット類が使用されてなかったのも原因のひとつです。
一度はずしてフランジ部をクリーニングしパッキン類を新品に交換して終了です。

お電話はこちら0120-938-753

ケース10

ディスポーザー修理例

ディスポーザーから水漏れがしてきたので本体を交換して欲しいとの依頼です。
パナソニック・ディスポーザーですが、調査するとゴムパッキンの劣化が原因でした。一旦取り外して専用パッキン交換で終了です。

お電話はこちら0120-938-753

ケース11

ディスポーザー修理例

ディスポーザーから水漏れがしてきたので見てほしいとの依頼です。依頼先はディスポーザーが全戸に設置されているマンションです。
現地で調査してみると本体から水漏れが発生していました。
分解調査の結果シンクフランジにごく小さなクラック(亀裂)が確認され、それが原因での水漏れです。
シンクフランジ(ディスポーザーとシンクの接触部分パーツ)を交換すれば修理完了ですが年数も経過しており、 深夜も使用できるよう静かなディスポーザーを使用したいということでISE-AC105に交換をユーザーは選択しました。
ディスポーザー付きマンションは配管施工がしっかりしており流用できるので比較的簡単にきれいに交換ができサービスマンもうれしい限りです。

ディスポーザー修理例

お電話はこちら0120-938-753

ケース12

ディスポーザー修理例

ディスポーザーから水漏れがしているので至急着て欲しいとの依頼です。
現地で調査するとロックナットから水が漏れていました。これはゴムッパキンの交換で修繕可能です。
しかしよく調査すると・・・

ディスポーザー修理例

シンクフランジから水漏れがしています。一度外して調査するとシンクフランジは完全に割れておりここからも水漏れが発生していました。ここのシンクフランジを交換するには取り寄せの日数がかかり、また水が浸入して何時故障してもおかしくない状況でした。壊れたら最新のものに買換え交換したいので現状ではお金はあまりかけたくないとの事。

ディスポーザー修理例

破損箇所もきれいに残っている事からパズルのようにピッタリ組み合わせボンドとシール材で漏水を止めて他に補強を施しました。あくまでもお客様のご要望での応急的な処置ですが当面は大丈夫でしょう。

お電話はこちら0120-938-753

ケース13

ディスポーザー修理例

インターネット販売でシンクマスター950本体のみを購入されていたお客様から「水漏れしている」とのご連絡。
点検依頼でお伺いしましたが、写真の矢印部分のクッションマウントの微妙な取り付けミスで生じた水漏れでした。
こちらのお宅のディスポーザーはまだ3年使っていない状態で、本体はまだ全然使える状態でした。
クッションマウントは取付ミスが多く、厄介な事にちゃんと取り付けされているかが見た目で判断付きにくい場合も多いのです。今回こちらのディスポーザーを取付けた業者さんもディスポーザーの取付には慣れていない為に起こったミスと思われます。
普段水周りを取り付けされているなれた水道業者さんでもこのようなケースは他にも多々ありますので、けして珍しいケースではありません。
取り付けが終了して普通に水を流しても漏れることはなく、水圧をかけて流すと微妙にジワジワでてくる為、施工から今日まで3年かけてジワジワと水漏れを起こし続けた結果、シンクフランジからクッションマウント、またサポートリング付近まで劣化してしまっています。
この場合本体はまだ全然使えるので矢印付近のフランジのみ交換を提案しましたが、お客様が汚くなったのは使いたくないと買換えを希望され再度交換になりました。

お電話はこちら0120-938-753

ケース14

ディスポーザー修理例

本体から下部より微量の水漏れがしてきたので様子を見て欲しいという依頼です。分解してみると基盤等には問題ありませんでしたが、本体に腐食からくる穴が確認され、ここから水漏れが発生していました。
安全性から言えば本体を買換交換する必要がありますが、穴も小さくお客様のご依頼もありましたので、防水処置をして終了になりました。

お電話はこちら0120-938-753

トップ